診療科目・基本方針

小児科一般

対象 感染症一般、成長や発達、育児に関すること、その他こどもによくみられる病気のご相談
診療の内容 こどもに多いかぜ症候群や胃腸炎様疾患では、合併する重篤な疾病を見落とさないように心がけています。また、近隣の総合病院と連携を取って必要時、ご希望時には迅速にご紹介させていただきます。
実施可能な検査 血液検査(至急で見れるものを含む)、検尿、レントゲン写真

こどものアレルギー性疾患

対象 定期ワクチン、任意ワクチンの相談一般、接種
常備している
ワクチン
B型肝炎、日本脳炎、肺炎球菌、b型インフルエンザ菌(Hib)、二種混合(ジフテリア、破傷風)、四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)、BCG
取り寄せが
可能なワクチン
A型肝炎、髄膜炎菌、麻しん、風しん、ポリオ(不活化ワクチン)、狂犬病(暴露前)、三種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風)、ジフテリア、破傷風
診療の内容 原則すべて予約制になっています、事前にご連絡ください。まずはワクチン外来での接種をお勧めしますが、希望される方は一般診療の時間内での接種も承っています(事前にご連絡ください)。

診療科目・基本方針

Loading...
関連リンク よくわかる骨膜炎菌